一般社団法人パーソナルセルフケアマネジメント協会

いま、私たちに必要なことは、子供たちにとって最適なタイミングで最良なコンディションを提供していくことだと考えています。

沿革

‐ 千里の道も一歩から ‐ 我々は小さなスタートを切りました。そして同じ夢を目指す同士が集まり、徐々にですが、成長することができました。
  近年、子供たちの運動能力は低下しており、大きな原因として、偏った食事や、睡眠不足などの生活習慣の乱れといったジュニア期に最も大切な食事の質と量が挙げられています。このジュニア期にはエネルギーをしっかりと補給していく必要があり、脳も身体も著しく大きくなるこの時期に、食事のチカラは最も重要です。勉強や習い事に対して、食事を元のパワーをもらってはじめて、集中力ややる気といった気力も持続していくことが必要です。しかしながら、偏食はもちろんですが、その食事の質や量についての知識をもっていても、その栄養が実際に身体の中でしっかり機能しているかどうかはわかりません。つまり、身体や心をコントロールする能力の低下が大きな原因であることが分かってきました。運動をする場所の減少という住環境もありますが、フィジカルストレス、メンタルストレスそして環境ストレスといったように、子供たちを取り巻く環境は多くの問題を抱えています。私たちは、そうした多岐にわたる問題点を一つずつひも解いて、まずは、子供の自己管理能力を高めていくために、どのようなサポートを行っていけばいいかを提唱していきたいと考えています。

お知らせ

当協会の最新情報はこちらに掲載しています。内容につきましては随時アップデートしていますので、本ページをブックマークして定期的にご確認いただくことで、新プロジェクトや期間限定のサービス、イベントなどの重要な情報を逃すことなくご覧いただけます。